2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
命のバトン
- 2015/02/24(Tue) -
日本電動車椅子サッカー協会の次期会長立候補の公約についての質問を藤井さんから頂きました。ありがとうございます。

2000年のエルピダ開業初年度の11月30日に書いた文章です。


下別府01


「下別府 拓生君へ」          2000年11月30日 有限会社 エルピダ 代表 中村 亮太 

突然、お別れの時が訪れてしまって、ビックリしています。
上手く気持ちの整理がつきません。
拓生君との出会いは電動サッカーの試合が在った王子の体育館でした。
1999年3月から電動車椅子を作ることを通して、拓生君とお母さんとの出会いがスタートしました。
私としても拓生君との出会いが
ユーザーの願いを少しでも形にしよう!可能性を引き出せるようにと、そのことに集中して一生懸命大改造に取り組んだ大きな節目となる仕事でした。
改造の仕事は、何度も工房にお母さんの運転で足を運んでもらって5月の全国大会の予選会にギリギリ間に合いました。
国立の障害者スポーツセンターまで試合を見に行きました。
試合は拓生君がゴールを決めて、PKも決めて大活躍でゴール電ファイアーズが勝利しました。お母さんも飛び上がって大喜びで・・・
この仕事に巡り合って、本当に良かったと思えた瞬間でした。
私も、そのような出会いに支えられて、この仕事で今年の5月に独立することになりました。
そして、今年の2000年は、予選突破できずに全国大会に行けなかった昨年の雪辱を果たして、堂々と予選突破して全国大会出場!本当に頑張りましたね。おめでとう!
そんな気持ちで一杯でした。
全国大会も終わって、来年の目標に向かってまた、頑張るんだろうなと思っていた矢先の出来事で・・・
本当に残念です。でも拓生君との出会いは私の人生にとって大きなものでした。肉体は誰も有限ですが、心は永遠です。君との出会いがもたらした志は私の心の中に生きつづけます。そして、障害者の夢を叶えてゆくでしょう!
出会えたこと、本当にありがとう。決して忘れません。
最後に、お母さん、本当にご苦労様でした。
素晴らしい親子です。これからの人生も拓生君の分も幸せに力強く生きて下さい。

 下別府03

「本当の対話」      高校2年(1997年当時) 下別府拓生くんの作文です。  

「ピッ、ピッ」試合終了の笛がフィールドに鳴り響いた。1997年9月第1回電動車椅子サッカー関東選手権大会決勝。4対1の負け。その瞬間、副キャンプテンでありゲームリーダーでもある僕は、まわりを見渡した。そこには、敗戦にもかかわらず、堂々と胸を張り、満足そうなほほえみをたたえた、わがゴール電ファイアーズの11人の仲間達がいた。このとき僕は、本当にチームのみんなの心が一つになったんだなあ、と強く感じた。しかし、ここまでの道のりは、けっして、平坦なものではなかった。

ゴール電ファイアーズの結成は4年前。当時のメンバーは、今の半分にも満たない5名で、1チーム4名で行う電動サッカーのチームとしては、ぎりぎりの人数だった。でも、そのころは、へたくそなりにも和気あいあいと、月2回の練習や、都内の似たようなレベルのチームとの練習試合をみんなで楽しんでいた。しばらくしてくると技術もどんどん上達して、結成2年目には、大阪で初めて行われた全国電動サッカー大会にも、参加した。このころから、メンバーも徐々に増え、第2回全国大会では、ついに全国大会初勝利をあげ、まさにゴール電ファイアーズの前途は、順風満帆のようにみえた。しかし、そのころから僕はチーム内に、ある違和感を感じるようになった。チームが強くなるにつれ、「そんなに、勝とう勝とうじゃなくて、もっと楽しくやろうよ」という声がでてきたことだった。確かに、よくチーム全体を見渡してみると、レギュラー選手と控え選手の間に大きな溝ができていた。大会に出るからにはどうしたって勝ちたい、となれば試合に出る選手はどうしても固定されてしまう。そうすると必然的に半数以上の選手は試合に出る機会がほとんどなくなってしまう。スポーツは、やはり試合に出なくてはおもしろくない。練習でも、みんなあまり声も出なく活気もなくなっていた。こんな重苦しい状態のまま、第3回全国大会(1997年6月)が、目前まできていた。目標は、もちろん前回以上、あわよくば優勝を……と僕はひそかに思っていたが、今のチーム状態ではとてもとてもである。僕は、ミーティングで思い切ってみんなに「楽しくやることも確かに大事だと思うけど、やっぱりサッカーで1番の喜ぴはなんといっても勝ったときじゃないか。でもこれは、俺がレギュラーだから言っているんじゃなくて、たとえ控えになってもフィールドにでているとき以上に声を出してベンチからも戦うつもりでいる。だから、チームが一つになって全国大会にのぞもう」と言った。僕は、心から控え選手一人一人の気持ちになって話したし、みんな僕の気持ちをわかってくれたように思った。

いよいよ名古星で大会の幕が切って落とされた。ぼくは、燃えに燃えていたし、勝ち進む自信もあった。しかし、いざフタをあけてみると、1回戦はからくも2対1で勝ったもののチームの雰囲気は相変わらず重苦しく、2回戦は前半から一方的に攻められて、4対Oとなったところでメンバーが大幅に入れ替わり、僕もベンチに引っ込んだ。僕はふがいなさと、ベンチに下げられた悔しさとでなかぱ放心状態のまま、気がつくと6対0で試合終了の笛がなっていた。

暗く沈んだ東京への帰り道、僕は、大会前にミーティングで、みんなに言ったことを思い出していた……レギュラーも控えもみんな一つになって戦おう……と。ところが、自分がペンチに下げられたとたん、なかば試合を投げ、味方に一言も声援を送らなかった自分がいた。控え選手の気持ちもわかるなどと偉そうなことを言っておきながら(本当にわかっているつもりだった)、いざ、ベンチにさげられたとたん……。結果的には、口先だけだったということだし、事実チームメイトもそう思ったに違いなかった。

全国大会後、練習が始まってからもチームの雰囲気は最悪だった。僕も、腹を割って、自分が反省したことをもう1度みんなの前で話すべきだと思ったが、あえてなにもいわなかった。しかし、自分の中で、ひとつだけ決意したことがあった。「そのこと」は、簡単なようで、いざやってみると目分にとってかなり大変なことだった。しかし、なんとかがんばって1回1回の練習や試合で「そのこと」を続けていくうちに、チームに少しずつ活気がよみがえってきた。さらには、控えのメンバーのやる気が目に見えてでてきたのだ。そうすれば、レギュラーも、うかうかしてはいられない。チームがどんどんいい方向に回転し始めた。

そして、あの全国大会での苦い経験から4ヶ月後、第1回関東選手権でゴール電ファイアーズは、破竹の快進撃で勝ち進み、冒頭に記した結果を納めたのである。そこで、この4ヶ月間僕が決意して行ってきた「そのこと」とはなにか(などと大げさにいうのも恥ずかしいほどのことなのだが)。それは、「練習や試合で、最初から最後まで誰よりも声を出そう」ということだった。プレーしていても休んでいても、試合に出ていてもベンチにいても、である。やってみるとかなりきついことだったが、全国大会前にみんなに言ったことを、遅まきながらではあるが、まず、本当に自分からやってみようという気持ちだった。

口でいくら真剣に対話してもダメだったことが、たった4ヶ月の間に、しかも、口で何も対話しなくとも、自分がそれを先頭になって行うことだけで、みんながそれに答えてくれた。自分が声を出し、元気を出すことによって、少しずつみんなの声や元気が出始め、そして、チームにも勢いがでてきた。チームの姿勢というのは、元を返せば、リーダーの姿勢だったんだなあ、と思った。逆にいえば、チームに活気がなかったり、チーム内に溝ができてしまったというのも、勝つことや自分のプレーだけに執着していた自分のせいだったのだと感じた。

結局、本当の対話とは、口先だけで話し合うのではなく、お互いの態度や行動、姿勢によって伝え合うものなんだなあと、ぼくは深く心に刻み込んだ。

***************************************************

次期会長立候補の公約

命といのちが出会い別れることによって、託される切なる願い・いのちがある。そう感じています。
下別府君との出会いから16年間、一生懸命に集中して多くの電動車椅子サッカー選手の願い、そしてご家族の願いに応えてきました。
そして、また多くの電動車椅子サッカー選手に、ご家族に支えられ助けられ導かれてきました。
16年間、毎日毎日、みなさんがどれほど電動車椅子サッカーが大好きで、命懸けで取り組んでいるかを強く感じてきました。そんな皆さんの大切な人生の大舞台である電動車椅子サッカー競技を支え、守り、発展させてゆく責任を、いのちのバトンを託された者として果たしてゆきたいと願っています。
この志・覚悟をもって日本電動車椅子サッカー協会会長のはたらきを担います。
これを持って公約とさせていただきます。

下別府拓生君のページ
http://www.interq.or.jp/sun/elpida/shimo.html


ではまた




この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エルピダ設立15周年。
- 2015/02/22(Sun) -
PC123407
エルピダの設立は2000年2月22日です。
今日は設立記念日。15周年になります。16年目に突入です。
現在はストライクフォースの改造を中心に、大忙しで頑張っています。
ここ数年、電動車椅子サッカーの試合にも行かず、ひたすら改造の仕事に集中していましたが、
2015年は、「電動車椅子サッカーチームを作る」宣言からスタートすることになりました。
電動車椅子サッカーの関係者の方は、ビックリされた方もいたと思いますが、
ここでもう一つ宣言します。
日本電動車椅子サッカー協会の次期会長に立候補します。

電動車椅子サッカーの話題を中心に書いて行きたいと思っています。
今日はここまで、
次回につづく・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Strike Force (ストライクフォース)日本第1号
- 2013/04/06(Sat) -
Strike Force (ストライクフォース)を初入荷、そして改造しました。

日本上陸第1号です。



strike force 00


strike force 01


strike force 02

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第16回日本電動車椅子サッカー選手権大会結果
- 2010/12/05(Sun) -
1回戦

北海道・関東ブロック1位
レインボー・ソルジャー

VS

北海道・関東ブロック3位
FINE

中部ブロック2位
Wings

VS

関西・北陸ブロック4位
ファインフレンズ

中国・四国・九州ブロック1位
ERST 広島
0(PK勝)
VS

中部ブロック5位
A.M.F.C.エスカルゴ

関西・北陸ブロック2位
Red Eagles 兵庫
1(PK勝)
VS

関西・北陸ブロック5位
金沢ベストブラザーズ

関西・北陸ブロック1位
兵庫パープルスネークス
5(もしかしたら4?)
VS

中部ブロック4位
DKFBCディスカバリー

中国・四国・九州ブロック2位
アイアンポニーズ FC 岡山

VS

中部ブロック3位
ESC・Bullets

中部ブロック1位
M.S.C FCクラッシャーズ

VS

関西・北陸ブロック3位
奈良クラブ ビクトリーロード

北海道・関東ブロック2位
Yokohama Crackers

VS

中国・四国・九州ブロック3位
 Nanchester. United 鹿児島

2回戦

中部ブロック3位
ESC・Bullets

VS

関西・北陸ブロック2位
Red Eagles 兵庫

中部ブロック2位
Wings

VS

北海道・関東ブロック3位
FINE

関西・北陸ブロック1位
兵庫パープルスネークス

VS
0(PK勝)
関西・北陸ブロック3位
奈良クラブ ビクトリーロード

中国・四国・九州ブロック1位
ERST 広島

VS

中国・四国・九州ブロック3位
Nanchester. United 鹿児島

準決勝

関西・北陸ブロック2位
Red Eagles 兵庫
0 延長0
VS
0 延長0(PK勝)
関西・北陸ブロック3位
奈良クラブ ビクトリーロード

中部ブロック2位
Wings

VS

中国・四国・九州ブロック1位
ERST 広島

決勝

中国・四国・九州ブロック1位
ERST 広島

VS

関西・北陸ブロック3位
奈良クラブ ビクトリーロード



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第16回日本電動車椅子サッカー選手権大会
- 2010/11/25(Thu) -
2010年の電動車椅子サッカー全国大会は12月4日(土)5日(日)、
名古屋市東スポーツセンターで開催されます。

今年は、観戦に行きます。

大会中、試合のない時間、ハーフタイムや休憩時間を利用して、電動車椅子に関する相談を受けたいと思っています。

横浜に簡単には来られない地方の人で、エルピダのユーザーではないけど少し話を聞きたいと思っている人がいれば。
せっかくの機会ですので、ご連絡ください。

コメントの「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて、TEL連絡先ご記入ください。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。